泰明画廊
BACK
質の高い作品の紹介
年の実績を持つ泰明画廊の豊富な知識と経験及び幅広い情報網によりオールドマスター、印象派から日本国内の明治以降の洋画及び近現代の日本画の作家の逸品を数多く取り扱っています。
各方面のエキスパートがそろっている泰明画廊の幅広い情報と経験から必ずやご希望の作品をお客様にご紹介することができますので、お気軽にご相談下さい。
資産としての美術品の売却
泰明画廊では皆様が所蔵されている美術品の売却のお手伝いをさせていただきます。
買取をはじめ、豊富な知識と情報量で皆様が所蔵されている美術品を最大限に活かす方法、または最善な売却方法をご提案します。
 ■売却方法のご説明
美術品の保管方法や額縁の修理・交換等美術品のことについてご相談ください。
弊社ホームページの常時SSL化(https化)について
2018年10月15日
弊社ホームページを常時SSL化(https化)、及びSSLサーバ証明書(企業実在認証)を取得しました。
この度、皆さまにより安全に泰明画廊のWebサイトをご利用いただけるよう、全ページの常時SSL化(全ページの通信を暗号化するセキュリティ対策)に対応いたしました。それに伴い、URLが以下に変更となります。

(旧)”http://www.taimei-g.com/”又は”http://taimei-g.com/”

(新)”https://www.taimei-g.com/”又は”https://taimei-g.com/”

(旧)アドレスでアクセスした場合は、自動的に「https://www.taimei-g.com」へ自動転送(リダイレクト)され、ブックマークが使えなくなることはありませんが、ブックマークやお気に入りに登録されている場合は、もし可能であれば修正していただければ幸いです。

今後もお客さまにご利用いただきやすいようホームページの改良・維持に努めてまいりますので、これからも宜しくお願い致します。
SSL GlobalSign Site Seal
常時SSLとは
SSL《Secure Sockets Layer》とは、インターネット上でのデータの通信を暗号化して送受信することで、盗聴や改ざんを防ぐ仕組み(プロトコル)のことです。
SSL化されたウェブサイトは、URLの頭が「HTTPS」となり、通信の暗号化が保証されます。
一部のフォームページだけ暗号化するのではなく、全てのページを暗号化すること、そしてSSLサーバ証明書を組み合わせることでインターネット環境における「ウェブサイトのなりすまし」・「暗号化されていないWi-Fi」・「Cookieの盗聴」等のセキュリティリスクに対抗し、ユーザにとって安全なウェブサイトを構築します。
企業実在認証とは
証明書に記載される組織が法的に存在すること、またその組織が証明書に記載されるドメインの所有者であることを認証するものです。証明書に記載される組織名は偽装ができないため、アクセスユーザは証明書(シール)を確認することで、自分がアクセスしたURLの運営組織を知ることができます。
Copyright (C) TAIMEI GALLERY All rights reserved