泰明画廊
Top Page売却>美術品の調査
資産としての美術品の売却
泰明画廊では皆様が所蔵されている美術品の売却のお手伝いをさせていただきます。
買取をはじめ、豊富な知識と情報量で皆様が所蔵されている美術品を最大限に活かす方法、または最善な売却方法をご提案します。
 ■売却方法のご説明
所蔵美術品ご売却の簡単な流れ
| 美術品の調査 | 売却方法 | 当社のご提案 | オークション出品代行 |

美術品売却方法 PDF版(5.07MB)
美術品の調査
1. 美術品の事前調査

まず、最初に所蔵されている美術品の真贋とその評価額などを調べることが大切です。なぜなら所蔵されている美術品の価値を知ることは、その後の売却にむけての判断材料になるからです。
調査方法としては、初めに写真等の資料で鑑定・評価等の事前調査を行います。現品を直接調査することが一番正確ですが、この段階では所蔵品についてある程度の事が判ればよいのです。


2. 美術品の鑑定及び評価額の査定

事前調査とその後の協議で所蔵品の売却が決まりましたら、売却する美術品を当社でお預かりし直接調査を行います。作品の真贋・状態等を確認することで、より正確な鑑定・評価を行うことができます。なお、この調査の過程で鑑定・評価に関る費用が発生する場合(鑑定書の取得等)がございます。

Next→
当サイトでは、一部PDFファイルを使用しております。
PDF形式のページをご覧いただくためには、Adobe Systems社の
Adobe(R) Reader(R) (無料)が必要です。
Get Adobe Reader
質の高い作品の紹介
年の実績を持つ泰明画廊の豊富な知識と経験及び幅広い情報網によりオールドマスター、印象派から日本国内の明治以降の洋画及び近現代の日本画の作家の逸品を数多く取り扱っています。
各方面のエキスパートがそろっている泰明画廊の幅広い情報と経験から必ずやご希望の作品をお客様にご紹介することができますので、お気軽にご相談下さい。
美術品の保管方法や額縁の修理・交換等美術品のことについてご相談ください。
Top Page売却>美術品の調査
Copyright (C) TAIMEI GALLERY All rights reserved