泰明画廊
Top Page売却美術品の調査売却方法>提案
資産としての美術品の売却
泰明画廊では皆様が所蔵されている美術品の売却のお手伝いをさせていただきます。
買取をはじめ、豊富な知識と情報量で皆様が所蔵されている美術品を最大限に活かす方法、または最善な売却方法をご提案します。
 ■売却方法のご説明
質の高い作品の紹介
年の実績を持つ泰明画廊の豊富な知識と経験及び幅広い情報網によりオールドマスター、印象派から日本国内の明治以降の洋画及び近現代の日本画の作家の逸品を数多く取り扱っています。
各方面のエキスパートがそろっている泰明画廊の幅広い情報と経験から必ずやご希望の作品をお客様にご紹介することができますので、お気軽にご相談下さい。
美術品の保管方法や額縁の修理・交換等美術品のことについてご相談ください。
所蔵美術品ご売却の簡単な流れ
| 美術品の調査 | 売却方法 | 当社のご提案 | オークション出品代行 |

美術品売却方法 PDF版(5.07MB)
売却方法のご提案
1. 各売却方法のメリット&デメリット

売却方法 メリット デメリット
直  接
希望価格での売却が可能
買い手を探す多大な労力及び時間が必要。
後に作品の真贋、価格等でトラブルが発生することがある。
美術品商
まとまった数を一度に売却。
委託販売ではある程度所有者の意見を取り入れることができ、評価額よりも少し高い価格での売却も可能。
売却方法(業者の市場)によっては、換金までの時間が短い。
売却価格の透明性に欠けている
オーク
ション
売却価格の透明性が非常に高い。
不落札により売却できない場合がある。
作品によっては出品できない場合がある。
出品に際して諸費用及び手数料がかかる。
出品から換金までの時間が長い。

2. 売却方法のご提案

美術品の売却には高度な専門知識が必要です。コレクターへの売却、オークションでの売却または業者の市場での売却など、作品個々でその最良な方法が異なります。そこで、当社にご売却を依頼していただくことでご所蔵の美術品を最大限に生かすことができ、ご満足いただける結果になると思います。

当社のお客様または美術館に販売いたします。


毎月定期的に行なわれる業者の市場に出品します。その場合、約1週間後には換金されます。


最良なオークションへの出品の代行を致します。


当社が間に入ることにより出品者の情報がオークション会社に伝わることはありません。そして当社が代行出品することで、直接出品するより事務手続きや交渉・協議が軽減されます。
 ※別途オークションにかかる諸費用(落札手数料・保険料・カタログ掲載料など
  オークション会社に支払う費用)が発生します。なお、弊社の手数料等につきま
  しては別途ご相談下さい。

以上美術品の売却方法について簡単にご説明させていただきましたが、この提案をご参考にしていただき、所有されている美術品の売却に当社がお役に立てれば幸いです。
←Back  Next→
当サイトでは、一部PDFファイルを使用しております。
PDF形式のページをご覧いただくためには、Adobe Systems社の
Adobe(R) Reader(R) (無料)が必要です。
Get Adobe Reader
Top Page売却美術品の調査売却方法>提案
Copyright (C) TAIMEI GALLERY All rights reserved