泰明画廊
Top Page売却美術品の調査売却方法提案>オークション出品代行
資産としての美術品の売却
泰明画廊では皆様が所蔵されている美術品の売却のお手伝いをさせていただきます。
買取をはじめ、豊富な知識と情報量で皆様が所蔵されている美術品を最大限に活かす方法、または最善な売却方法をご提案します。
 ■売却方法のご説明
所蔵美術品のご売却
| 美術品の調査 | 売却方法 | 当社のご提案 | オークション出品代行 |

オークション出品代行
オークション出品代行      

現在、日本国内には数多くのオークション会社がありますが、継続年数、年間開催数、売上など着実に展開しているオークション会社として、シンワアートオークション、A .J.C.オークション、毎日アートオークション、J.A.Aオークションの4つのオークション会社を挙げることができます。第1 回オークションを開催したのは、J.A.Aが最も古く1971年、続いて毎日の1989年、シンワの1990年、A.J.Cの1994年です。
扱う作品は上記国内の各オークション会社は近代絵画が中心ですが、シンワ、A.J.C.が高額美術品を多く扱うのに対して、毎日、J.A.Aは低額の美術品を多く取り扱っています。
年間の売上記録でいえば、シンワアートオークションが常にトップの座を守っていて、1999年の実績は32 億9806万円で、売上2位のA,J,Cオークションの同年14億万円との比較では2 倍以上になります。
しかし、国内のオークションは、200年以上の歴史を有する海外のサザビーズやクリスティーズに比べるとその歴史は比較にならないほど新しくまだまだ成長が期待される市場だと思われます。


←Back  Next→
当サイトでは、一部PDFファイルを使用しております。
PDF形式のページをご覧いただくためには、Adobe Systems社の
Adobe(R) Reader(R) (無料)が必要です。
Get Adobe Reader
質の高い作品の紹介
年の実績を持つ泰明画廊の豊富な知識と経験及び幅広い情報網によりオールドマスター、印象派から日本国内の明治以降の洋画及び近現代の日本画の作家の逸品を数多く取り扱っています。
各方面のエキスパートがそろっている泰明画廊の幅広い情報と経験から必ずやご希望の作品をお客様にご紹介することができますので、お気軽にご相談下さい。
美術品の保管方法や額縁の修理・交換等美術品のことについてご相談ください。
Top Page売却美術品の調査売却方法提案>オークション出品代行
Copyright (C) TAIMEI GALLERY All rights reserved